リフォームする理由

リフォームする理由は、大きく2つあると考えます。
一つは、住む方やご家族からの視点。もう一つは、職人から見た視点です。

住む方やご家族からの視点

リフォームはただ修繕したり、見栄えをよくするだけではありません。生活スタイルに合わせ、間取りを変更したりするなど、さまざまな家の生かし方があります。下記のように思い当たるところがございましたら、是非ご相談下さい。

老朽化 住む方が見て、壁の変色や、床のすりきれなど、目に見えて古くなってきたな、きれいにしたいな、と感じられたら、リフォームの時期です。
家族構成が変わった 子供たちが巣立っていった。逆に、子供たちが家族を連れて帰ってくる。親が高齢になり、お風呂が使いにくい。そんな家族構成や生活スタイルの変化により、リフォームが必要となる場合があります。
模様替え 若いころに作った家、その時はおしゃれだと思っていたけれど、ちょっと価値観が変わってしまった。単純に気分を変えたくなった。そういうリフォームもございます。
転売 今まで大切に暮らしてきた家。しかし、さまざまな事情でご自宅を手放すこともあるでしょう。まだまだ生活できる家だけど、どうせならきれいにリフォームして、素敵な買い手さんを見つけて下さい。

職人からの視点

住宅の専門家としての立場で考えると、各場所別でリフォームの適切な時期というものがあります。
出雲家で建てて頂いた家はもちろんのこと、それ以外の家でも点検させて頂き、必要十分なリフォームのご提案をさせて頂きます。
まずは、下記チェックポイントに該当する点が一つでもあれば、是非点検を受けて下さい。

外壁、屋根 ひび割れがある、表面に小さな穴がある
触ると手が白くなる、塗装がはがれている
カビが生えている
キッチン 機器(レンジフード、食洗器、コンロなど)の故障や不具合
蛇口やシンク下からの水漏れ
排水口や、レンジフードのガンコな汚れがとれなくなった
浴室 機器(湯沸かし、水栓金具など)の故障や不具合
壁や床、浴槽にヒビワレ、サビが出ている
カビがひどくなったり、排水口などの汚れがとれなくなった