Blog

特徴

古木(ふるき・こぼく)とは、古い民家から取り出された材木のことです。
私達は、このようなリサイクルされた古木を使い、新築やリフォームに活用する試みを行っています。

古木は、強くてしっかりしています。
古い民家から取り出された古木を使っています。

これまで、日本では、古木は、価格が高いために、ほとんど流通していませんでした。
これは、住宅で木材として耐えられる価値よりも、いかに古いものであるかや、ただ古木が古木であることのみが偏重されがちだからです。

私達は、そのような状況は、決してユーザー本位であるとは思いません。一般の人が、普通に新しい木材と同じような安価な価格で購入できることが大事だと考えています。
日本における実際の古木の使用状況や、使用率、そして何より材木として耐えうる建材であるかということのみで価値を測られるべきです。
そのような市場価格での古木の流通と、積極的な活用を行っています。

施工例